キジバトの予感

キジバトについて

キジバト1

キジバト。漢字で書くと雉鳩。別名はヤマバト。学名は Streptopelia orientalis。家にいると「クーククッククー」とかって外から怪しい鳴き声が聞こえてくることがありますが,その正体がキジバトです。耳を澄ましてこちらがちゃんと聞いているのに途中で鳴くのをやめるという意地悪さをもっています。最後までちゃんと鳴き終えてくれとお願いしたいです。鳴いているのはオスです。名前の由来は桃太郎の家来として有名なキジのメスに色の感じが似ていることからきているといわれています。

特徴

キジバト2

全長は約33cm。日本中に生息するようです。果物や種子を食べることが多いのですが,虫とかも食べる雑食性です。オスもメスも見た目は同じようですが,繁殖期になるとオスは目の周りが赤くなるため区別がしやすいです。一度に産む卵は2個。15日程度で孵化し,その後15日程度で巣立っていきます。

全長からすると3羽並んでくれると約1mとなります。日常生活で1m程度の長さを測りたいときはキジバトに協力してもらうと助かります。キジバトが協力してくれない時は,カワラバトでも代用は可能です。どうしてもハトたちが協力してない時はスズメでも代用は可能です。7羽で1mです。

見分け方

キジバト3 カワラバト1

町でよく見かけるのはカワラバト(ドバト)というハトで,「クルッククルック」とかいう外国語をしゃべってます。(犬も英語喋ってますが)。元々は外国にいたようで,1500年くらい前に渡来したと考えられています。一方,「クーククッククー」と歌っているのがキジバトです。

また,白や黒,灰色,紫などからなる羽根で,ちょっと洋風な感じなのがカワラバトです。首の周りの光沢を見るとついついタマムシを思い出してしまいます。遠い親戚なのでしょうか。アスファルトや公園が似合います。一方,黒と赤褐色のウロコ状の羽根で,和風な感じなのがキジバトです。土や木が似合います。

更に,カワラバトは鳥獣保護法により捕まえたりすることを禁じられています。一方,キジバトは食べることが可能だそうです。よって,食卓に並んでいたらそれはキジバトのはずです。

シラコバト

ちなみにこちらは,ハトがマンホールの蓋になってます。しかしよく見るとシラコバトです。埼玉県の越谷市では市の鳥として崇められています。カラー版もあるということですが,いつかは写真をトリたいです。

鳴き方

キジバト4

キジバトのあの鳴き声,求愛の時や縄張りを宣言するときに発せられるようです。でも,「好きだよ~」というのと,「あっちいけや」というのを同じ言葉で表せるものなんですかね。音程とかスピードが違うんでしょうか。その辺りの研究が待たれるところです。

管理人には「クーククッククー」としか聞こえないのですが,ネットで探すといろいろな聞こえ方があるようです。犬は「ワン」猫は「ニャー」って感じでみんなある程度意見がまとまっているのに,なんでキジバトだけはいろいろな聞こえ方があるんでしょうか。学校で決まった鳴き方を教わらなかったからなんでしょうか。気になるのでアンケートを用意してみました。よろしければ一票を投じてください。

ただ,文字列で表すと同じようでも,音で表すと結構違う場合もあります。このあたり,音符とかを使って表せると良いのですが,力及ばすです。ちなみに,wikipedia のキジバトのところには,譜例が載ってます。

クークークック―
クークーグックク
クークークッククー
クーククッククー
クークグッググー
クーシューケーホー
ゴロッポー
チューチューワイワイ
デゥーデゥーポッポー
デェデェーバッボー
デーデーッポッポー
デーデーデーポポー
デーデーポッポ
デーデーホッホー
デーデーポッポー
デッデーポッポー
デッデッボーボー
デデーポーポー
デデーポッポー
デデッポウポウ
デデッポーデデッポー
デデッポッポー
デデッポポー
デューデューポッポ
ドゥドゥーポッポー
トーットットー
トートーットットー
ドードーポッポ
ドードーポッポー
ドデーポーポー
フーフオッホホー
ホーホホッホホー
ボーボーァボッボー
ホーホーッホホー
ホーホーホーッホーホー
ホーホーポーポー
ポーポーポッポ
ホーホーホッホー
ホーホーホッホホー
ホーホーホホー
ボーボーボボー
ホーホホッホホー
ホーホワッホホー
ホットードッグー
ポッポーグルッポー
ホッホーホーホー
ホホーホーホー
ホホッホホッホー
ホホホーホホ

また,例の鳴き声以外にも違う鳴き方もあるようです。自分の縄張りによそ者が入り込んできた時は「クックックッ」(あっちいけー)と威嚇,巣作りに適した場所を見つけた時は「グツーグツー」(いい場所みつけたよー)と彼女をよぶのだとか。

人間には方言というものがあるように,キジバトにも地域によって違いってのはあるんでしょうかね。管理人は関東に住んでいますが,今までに聞いたことのある鳴き声はみんな同じに聞こえます。CDに収録されている音源やyoutubeなんかにあるキジバトの歌声を聞いても同じにしか聞こえません。まだまだキジバトマスターへの道は遠いです。

ありのみコース

千葉県市川市にあるアスレチック「ありのみコース」では,異色の鳴き声「ゴロッポー」が紹介されていました。うーむ。

音楽

キジバトが奏でる歌や,キジバトにインスパイアーされた作品を紹介します。

小鳥のさえずり

小鳥のさえずり

大自然の中で思う存分歌っているキジバトの歌を収録。他にもカッコウやウグイス,ホトトギスの歌なども入ってます。今すぐキジバトの歌が聞きたい人はサントリーの愛鳥活動で聞けます。

日本の野鳥大全集4

日本の野鳥大全集4

いろいろな野鳥の歌声とともに優しく歌うキジバトの歌声が収録されています。ほかにもシラコバトの歌声もあり。

キジバトの歌

キジバトの歌

2006年に発売された長坂憲道による曲。4thアルバム「Vivid Accordion」に収録されています。アコーディオンによりキジバトサウンドを再現してます。youtubeでも聞けます。

本や雑誌でもキジバトが取り上げられています。キジバトファンなら必読です。

野鳥の世界 第102号

野鳥の世界 第102号

2012年に発売された野鳥の世界102号。キジバトが表紙となり,今月のギャラリーで特集されています。

キジバトのなかまたち(みる野鳥記)

キジバトのなかまたち(みる野鳥記)

日本野鳥の会編。キジバトの習性,飛び方,巣作り,子育てについて優しく書かれています。現時点ではキジバト本のバイブルかも。キジバトファンなら一度目を通しておきましょう。

まけるな!キジバト

まけるな!キジバト

朝川照雄著。みねた村のあおたけ山に住むキジバトの親子の話です。

キジバトの記

キジバトの記

上野晴子著。タイトルや表示はキジバトですが,キジバトファンが喜ぶかどうかは読んでみないと分かりません。

おじいちゃんのタイム・マシン

今村葦子著。おじいちゃんと一緒に乗るおんぼろ自動車の「タイム・マシン」。外から聞こえてくるのは「デデッポッポー」「ステテッポッポー」というキジバトの鳴き声。

グッズ

世の中,キジバトファンはたくさんいるようです。グッズもいろいろあるようです。

切手

キジバト80円切手

1963年発行の10円切手,1992年発行の62円切手,2007年発行の80円切手があります。

鳥笛

鳥笛 キジバト

フランス製ハンドメイドの鳥笛です。商品名はキジバト QUE022。キジバトの鳴き声が再現できるんでしょうか。

フィキュア

チョコQ キジバトフィギュア

タカラが発売した玩具付きチョコレート菓子チョコQについてくるフィギュア。日本の動物第9弾で発売された222番のものです。海洋堂の技術が詰まった一品です。

まき餌

キジバトのまき餌

キジバトが好きな素材をブレンドしてある飼料です。キジバトに与えてお礼に喜びの歌を歌ってもらいましょう。

油絵

キジバトの油絵

ソフィー・アンダーソンによる少女とキジバトの油絵です。

ペンダント

クリスマス キャロル キジバト/鳥ペンダント

スターリングシルバーでできたキジバトのペンダント。キジバトも喜んで輝いてます。

クリスタルガラス

スワロフスキー(Swarovski) キジバト スワロフスキー(Swarovski) キジバト

クリスタルガラスを高い技術で磨いて作ったスワロフスキーの一品。キジバトも喜んで光ってます。

オーナメント

もみの木とキジバト

Georg Jensenによるもみの木とキジバトのコラボです。キジバトも喜んで輝いてます。

お問い合わせ